この1本道は一筋縄ではいかない。

◆長い長い旅路の正体は、コットン糸で編むストールなのですが。

イメージ 1


昨日の夕方、旅路の途中でちょっと道に迷いました。


部屋越しにおしゃべりしながら編んでたら……
あれ?
何かおかしい。

イメージ 2


1段ごとに違う模様になるはずが、さっきから下の段と同じ模様を編んでる??
え、何で??

よくよく編み地を見直してみて、気付きました。
途中で進む方向間違えて折り返しちゃってるYO~~☆

イメージ 3


来た道戻っちゃってるYO~~☆
完全に迷子です!


全体図で云うと、ここで折り返しちゃってる!
イメージ 4


つまり、この段はあとこれだけ進めば終わりだったのが。
イメージ 5


何と、ぐる~っとここまでムダに戻ってしまったのデスYO!
イメージ 6


ひぇ~~☆
とんだムダ足!
勿論、即ラーメン化!

道は険しいですが (無駄に険しくしていますが)、それでも寝る前には本体部分が編み上がって
あとは縁編みを残すのみ! です。
確実に今日中に仕上がりますね♪
遭難しなければ。


◆昨日の昼はホットドッグ作って。

イメージ 7


(※1本は半分こして、姉と私は1本半。)
イメージ 8


(※マスタードは先日、賞味期限切れで廃棄したので
姉がいつも捨ててる納豆に付いてる辛子を捨てずにとっておいて私だけ辛子入りv)
イメージ 9


その際、キャベツ1/2玉を全部刻んで。

イメージ 10


ホットドッグに使う方は思い付きでカレー粉加えて (←賞味期限切れてなかった~v) 炒めて、
残りは塩コショウのみで炒めて。

イメージ 11


今朝、久々にホットサンド作るのに使おう♪

イメージ 12


――と思ってわざわざスライスチーズまで買ってきたのに、食べてみてアレ? 何か足りない気がする。
マヨは入れたし。何だろう??
…………ツナ入れるの忘れた!!!(涙)
ちょうどツナ缶1つ余ってたからマヨ混ぜて挟もうと思ってたのに!!
痛恨のミス★

明日の朝、リベンジします!!

中身モリモリのお陰で焼き色はキレイに付いたけどv
イメージ 13


裏面もv
イメージ 14



◆さて。
本日はこの後、お待ちかねのアレが宅配で届く予定ですので
明日のレポはそれで決まりですな☆
お楽しみに~♪ うふふふふv
スポンサーサイト



ガラスペン、満を持してご紹介♪

◆写真ブログ復活で、もう1つ、レポし直さなきゃいけないモノがありました!

ガラスペンです♪

イメージ 1


まだ子供の頃、初めて買ってもらった 『佐瀬工業所』 さんのガラスペン!

頑張ってイラストで再現しましたが、実物はコチラです☆

イメージ 2


この端から端まで刻まれた見事な流線が、佐瀬工業所のガラスペンの特徴です☆
見た目が美しいだけでなく、滑り止めにもなって大変持ち易いのです♪

そしてコレに合わせて購入した、ガラスのペンレスト。
佐瀬工業所にも流線の刻まれたお揃いのが売っていたのですが、かなり幅を取るタイプだったのと
別のお店で売っていた物にヒトメボレしてしまって、お揃いにはならないけどそちらを購入しました。

それが、天使の卵のペンレスト。

イメージ 3


実物がコチラ!

イメージ 4


手の平に乗せるとこのくらい。

イメージ 5


ちょっとうさぎさんっぽくもある?(笑)
カワイイですv

ペンを乗せるとこんな感じ。

イメージ 6


これも頑張って再現を試みましたが。
イメージ 7

(キラキラで誤魔化しておるな……)

ペンが滑り落ちないようにするには、かなり中央付近で支えねばなりません。
傾斜も結構つくので。

イメージ 8


ここまで深めに乗せても、時々気付くとズリ落ちていたりします。
ま、そのまま机の上に直置きしても、よっぽどインクが垂れてきたりとかは無さそうですけどね。


◆そして更に細字のタイプが欲しくて追加買いしたのが、 『まつぼっくり』 さんのガラスペン。

イメージ 9


「ブルー」 という商品名でどう見てもピンク~薄紫のが届いた! と騒いでいた実物がコチラ。
皆さんの目にはどう映るでしょうか。

白い箱の上に置いてみても。

イメージ 10


……やっぱりせいぜい薄紫。
ま、これはこれでキレイな色なので良いのですが。
雲母の粉末入りで、キラキラパール調なのも素敵ですしv

中が空洞なので、超軽いです。
うっかり筆圧で握り潰してしまいそうなほど儚げです。
私は佐瀬工業所のようにどっしりしてる方が安心して使えるかな~。
(持った時の安定感も佐瀬工業所がやはり上。まつぼっくりはツルツルで滑る~;)

しかしまつぼっくりガラスペンでさり気に便利なのが、この転がり防止機能

イメージ 11


ペン先とペン軸の境に八角形の出っ張りが付いており、ペン先も浮くのでペンレスト要らずです♪


◆もう1本、まつぼっくりで太字タイプも購入しましたが。

イメージ 12


こちらは軸全体が三角柱になっている珍しいタイプ。
プリズムのように光を反射しますv

イメージ 13


綺麗――なのですが。
持ちにくい☆

ガラスペンは筆記の際、くるくる回しながら全ての溝のインクを万遍なく使う必要があるのですが
三角形だとくるくる回せなくて書きづらい~;

ちょっと失敗したかな……とも思いましたけど、まつぼっくりの中ではお安い方でしたし
太さ別でデザインが違っていた方が間違える事も無いのでまぁ良しとしましょう。
(※まつぼっくりガラスペンは全てのデザインで細・中・太の3種類あり。)
太字タイプはせいぜい郵便物の宛名書きか、イラストのワンポイントくらいしか使わないでしょうから
長時間持つ事も無いですし。


◆3本並ぶとこんな感じ。

イメージ 14


文字の太さ比較。(以前もご紹介しましたが。)
イメージ 15


……元々持っていた佐瀬工業所の太さ不明のペンと
今回購入したまつぼっくりの細字ペンは
さほどの違いは無いですね。
滲まない普通の紙なら、もうちょっと細字は細く書ける気がしますが。
普段用に佐瀬工業所と、宛名書き用に太字タイプがあればまぁ充分ですかね。


同様に買いまくったインクと共に一時、このように机の一角に一式揃えておりましたが。

イメージ 16


インクは光に弱いので普段から箱に入れて保存すべし!
というのを聞いて (いや知ってはいましたが知らないフリしてました)
箱に入れたら何だか一気に風情の無い感じに;

イメージ 17

(ガラス瓶入りインクがやたら減っているのは、「ガシャン!」「ぎゃあ~~★」 をやらかしたからです;)

( 『色彩雫』 の箱は素敵なんですけどね~v)
イメージ 18



そのうちにだんだん、使わなくなり。


ペン先洗い用に汲んであった水も、いつしか蒸発してカラになり。


せっかくのガラスペンも置きっぱなしじゃホコリかぶっちゃうしね、となり。



ついに机上からインク&ガラスペン一式、片付けられてしまいました。



いつかそうなるだろうな……とは思ったんですよ。
ま、今後は使う時だけ出して使う事にします。
カッコ付けて飾っておいてもね。
思い付きでバタバタ整理始めて何か落っことしてガシャァン★ とかやったら泣けますしね。
(そしてかなりの確率でやらかしそう;)


ふー。
写真ブログで再紹介シリーズ、これでようやくひと段落か?

旅路。

◆長い……



長い……




イメージ 1




旅路の途中でございます。




どこへ辿り着くのか?

いつ辿り着くのか?





近日公開予定!
お楽しみに♪




(コレ用に買ったコットン糸3玉、1玉目が思ったより早く終わって少々焦り気味です;
調子に乗ってレシピより長さ増しちゃったからな~。
でも、セリアで買った糸と比べてみたらほとんど違いが分からないくらい色味も太さも似てたので
最悪、コレで代用できるんじゃないかと企んでいます。
元々、製造元は一緒ですしね☆
問題は、セリアにまだ在庫があるかどうか、ですが……)

お気に入りリピ♪

◆賞味期限切れでオサラバした調味料が多い中、
新たに購入した物も。


実は今月の初め、会社の新入社員歓迎会のビンゴゲームで
『ドレッシング詰め合わせセット』 をGETしまして。

イメージ 1


『ケンコー』 という聞いた事も無いブランドだったので正直 「んー」 と思っていたのですが、
朝の目玉焼きの添え物レタスに毎朝日替わりで掛けていたら、
この中の!

イメージ 2


『クリーミーナッツ』 が!
めちゃ美味いvvv

アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ。
3種のナッツの香ばしさが堪りませんvv

イメージ 3


今までいろんなドレッシング使ってきたけど、ナッツは初!
てゆーか近所のお店では見た事も無いし☆

姉も超気に入り、 (父はほとんど使わせて貰えず/笑)
ネットで捜したら見つかったので即、追加購入!

イメージ 4


これでたっぷり使えます~♪

無くなったらまたいつでも買えるけど、Amazonだと4本セットしか無いし
私が今回購入した楽天のお店は10本買わないと送料無料にならないし
10本はおろか4本でも多いくらいなので何か欲しい物がある時についでに買うしかないですな。
それがちょこっと不便。
ま、私の事ですから欲しい物なんてすぐ湧いて出てきますけど(笑)。
次に買う時までに取り扱いがなくなってしまわない事を祈ります☆


◆リピといえば、こちらも!

洗い替え用の 『布ぞうり』 、買いました♪

イメージ 5


すぐ売り切れちゃうので、気に入った柄があったら即GET! なのです☆

今回も前回と同じく、ワラ風コットン糸+柄布の組み合わせ。

イメージ 6


前回が青系洋風柄。
今回は (黒っぽく見えますが) 紺色の和柄。

イメージ 7


見え隠れするのは、カラフルなうさぎさんv
カワイイvv

勿論、今回も26cmでピッタリですよ~♪

イメージ 8


これで汚れても安心v
ガンガン履き倒そうと思います☆

……まだまだ履くクセがついていなくて、しょっちゅうどこかに脱ぎ忘れてるけど;

時々はチェックしましょう。

◆母が居ないと誰も料理を作らない、我が家。

当然減らない、調味料。


母がせっせといろいろな物を作っていた頃に買い揃えていた瓶入り調味料4つ。

イメージ 1


ドアポケットの一番上に並んでいるのをずっと見て見ぬフリしてたけど、そろそろ向き合おう。


甜麺醤。

イメージ 2


ハイ、アウト!!


粒マスタード。

イメージ 3


ちょっと惜しいけどアウト!!


普通のマスタード。

イメージ 4


アウトアウトアウト――――!!!!


辛うじてセーフだったのは豆板醤だけ。

イメージ 5


(でもきっとこれも7月が終わったら捨てる事になるんだろーな……)


◆そしてその下の段にコレもありました☆

チューブ入り調味料。

イメージ 6


コレも残念ながら、4本中2本がアウトでした。


更にこんなのも出てきた!!

イメージ 7


『スシロー』 でお持ち帰りした際に付いてきたと思われる、醤油とワサビ!


こんな醤油にさえ賞味期限が表示されている事にオドロキでしたが。

イメージ 8


いずれにせよ、アウト。

ワサビは表示が見当たりませんが、同じ頃と考えて間違い無いでしょう。
アウト☆


◆結局、今回これだけの調味料が廃棄の運命に(涙)。

イメージ 9


以前にも鶏ガラスープの素とか粉チーズとか、見つけるたびに廃棄してきましたが。

お醤油とか、お酒とか、あの辺は大丈夫かな……
何でもいーから作って消費すればいーんですけどね。
姉も私も趣味に没頭してしまうタイプなので、なかなか。


◆そしてそろそろ本当に向き合わねばならない、スパイスの山。

イメージ 10

(※これでも一時と比べるとかなり減った。)

……これね、中身詰め替えたやつとかあって
そーなると中身の賞味期限が分からなくって
どれが容器の賞味期限と合っててどれが違ってるのかも分からないから
何だかもう、分別する気も起きないのよね。
スパイスだしちょっとくらい過ぎちゃってても大丈夫よ、とか思って使っちゃったり。

「全廃棄」 が一番手っ取り早いか。

何故そこだけ消える。

◆昨日、かぎ針編みのコサージュの記事を上げる際に
前回と今回のお花比較画像に文字を入れようと思って。


手書きだとマウスじゃ上手く書けないしペンタブ出すのめんどいし、って事で
『ペインター』 の慣れないテキスト挿入機能使って頑張ってたのですが。


イメージ 1



最後にレイヤー統合して、リサイズして保存して終わり!
――なのですが、レイヤー統合すると。


イメージ 2





イメージ 3



――お分かりでしょうか。


右側の文字だけ、「回」 の中の 「口」 部分が消えるんです!!!


ええぇ!??
何で!??


何かの間違いかと、「元に戻す」 で一旦戻してから再度、レイヤー統合。

また消えた!!


何コレどーゆー現象!??
文字の一部分だけが狙ったように消える、って?
時間無いから簡単な記事で済ませよーと思ったところへまさかのアクシデント。
思わずデジカメで動画撮影☆
面白過ぎる~~☆


しかしせっかくキレイに文字入れようと思ったのになー。
そうだ!
リサイズしてからレイヤー統合したらどうだろう??


イメージ 4


左も消えた!!!
ゲラゲラゲラ☆
勿論こっちも動画で撮影!!


――以上、不可思議現象発生により文字入れは諦めざるを得ませんでした。


元々、Win2000/XPまでしか対応してない 『ペインター9』 をWin10に無理やり入れて使っているので
例えばソフト使用中は必ず文字入力時にUSキーボードに切り替わっちゃうとか
いろいろ不具合はあるのですが。
これもきっと、その一環なんだろうな~。
しかし 「漢字の一部分だけが消える」 って、問合せでも無いんだろうな……(笑)。


◆昔、便利に使っていた 『フォトショップCS』 はWin10では使う事が出来ず。
何かのオマケで付いてきた 『フォトショップエレメンツ』 はとっくに捨てちゃいましたが
何と、それがあればバージョンアップが可能だったらしい事を知って愕然。

『ペインター』 は絵を描くのをやめた今、わざわざ新バージョン購入するほどでもないですし。
(写真加工だけならパソコンにプリインストールされてる加工ソフトで充分ですし。)

意外に便利なのが、どのパソコンにも標準で入ってる 『ペイント』
スクリーンショットの画像がそのまま開けた時は感動しましたね。
(それとも、スクショ画像を 『ペインター』 で開けないのは「Win10× 『ペインター』」 ゆえの不具合??)
写真を加工して保存する際に、もっと細かく設定がいじれたら
それこそ 『ペイント』 1本で充分なのですが。


何のかんのと文句を云いつつ、これからも不具合だらけの 『ペインター』 にお世話になり続ける事でしょう。

同じレシピなのに。

◆休日1日目は布ぞうりで疲れ果てたので、
2日目の昨日はお花でも編みながらまったり過ごしました。

イメージ 1


カラフル~♪
『ピエロ』 さんで1玉ずつ大量に購入したコットン糸を徐々に消費してゆかねば。


でも。
あれ?


イメージ 2


前回編んだお花より何かデカい。

同じ糸で、同じ号数の針で同じように編んでるのにな~。
ゆるくする事を手が徐々に覚えてきたのでしょうか。
同じレシピでも編み方によって大きさを調整できるのが編み物の便利なところですね♪
(通常、大きさを変えたい場合は糸や針や目数・段数を変えると思いますが。)

前回編んだ時にもう少し大きくても良いな、と思っていたのでちょうど良かったですが。

イメージ 3


……大きい、というか……平べったくなってる気がする。

イメージ 4

(左 : 前回、右 : 今回。)

前回、どうやってこんな風に高さ出して丸められたんだろ~?
何か悔しい……


◆ところで、例の形状記憶材 『テクノロート』 をコサージュの縁に編み込むのも面白そうです♪

イメージ 5


花びらの形を自由にアレンジできますしv
(その場合はもっと大きなお花の方がやり甲斐がありそーですが。)
その為には縁に細編みを1段増やさねばなりませんが
その際に色を変えてみるとか、いろいろアレンジしてみると楽しそう♪

そしてせっかく作ったお花、早いとこ裏に安全ピン付けて
帽子やバッグに着けられるようにしたいと思います♪

まだまだ楽しみは尽きません♪

ま、こんなものですよ。

◆布ぞうりキット、結局もう片足分も作っちゃいました☆

材料のニット布を最初に 「きつく」 引っ張る、というのが
先に作った方は甘かった気がしたので
今度はしっかり念入りにこれでもか、ってくらい引っ張りました。

イメージ 1


そうしたら、大体170~180cmだった布が240cmくらいまで伸びました☆
ここでしっかり伸ばしておけば、もっと余裕を持って編めるのかも♪
(当然、伸ばした分布は細くなるワケですが。)

今度はちゃんと洗濯バサミも使って。

イメージ 2


2度目なので手順も慣れたものさ♪

――その油断がいけなかったのか。

サクサク進んで、今回は1時間も経たずに本体が編み上がったのですが。

イメージ 3


…………骨組みのロープの見え方が前回より酷い……

イメージ 4


ここで、使うのやめた飾り紐分の余り布の出番!
隠せ隠せ☆

イメージ 5


――隠れない。

てゆーか、手直しする前より酷くなった?;
(元々編み地がゆるいので、引っ張って差し込んで――を繰り返していると
ますますゆるんできちゃうんですな;)

仕方ないので、後から編み込んだ余り布を一旦ほどいてやり直し――
しようと思ったらどれが余り布でどれが本体の布か分からなくなって
何かもう本体の最初の方全部ほどけちゃって
ロープも一旦ほどいて爪先の方だけやり直し!

イメージ 6


――更に酷い有様になった。
完全に泥沼化;

もういっそ水色の部分全部ほどいてやり直すか!

と云っても、既に全体の形を引き締めてロープも結んでカットしてしまっているので
最初に編んだ部分だけほどいてやり直すというのは邪道中の邪道です。
少なくとも初心者に出来る事ではないのは初心者でも分かります;

それでももう、やるしかない!
未完成のままお蔵入りよりはマシ☆

イメージ 7


……多少はマシになったけどロープがモロ見えてる……;

再度編み直し。

イメージ 8


……うん。
今までで一番マシ。多分。

これに余り布編み込んで。
今度は慎重に、慎重に。

イメージ 9


何とか隠れた……(ぐったり;)
この時点でスタートから2時間半経過。


思わぬところで苦労はしましたけども。
2度目なので幅確保への注意はより抜かりなく、
1度目より形良く仕上がるはずの、その出来栄えは。



イメージ 10


何じゃこりゃ。


爪先細過ぎ……


せめてこの向きなら良かったのですが。
イメージ 11


残念ながら、先に編む水色の方が爪先側。
まぁ、自分で作って自分で履くんだしどっちでも良い気もしますが。

しかし流石にこの組み合わせはおかしいですからね。
イメージ 12


こーなりました……
イメージ 13


鼻緒を付けたら若干不格好さは紛れましたが
裏から見たら一目瞭然。

イメージ 14


2度目の方が形がイビツという不可思議。

履けない事は無い、が…………

イメージ 15


いろいろ心配;


◆そこへ到着しました、市販の布ぞうり!

イメージ 16


わらじっぽい色ですがちゃんとオールコットンです!

イメージ 17


しかも洋柄布とのコンビネーション☆
26cmでもこんなオシャレなのあった♪♪

ゴミと比較。
イメージ 18

際立つゴミっぽさ。

流石は市販品、骨組みが全く見えません☆

イメージ 19


ぎっちりみっちりスキマなく編み込まれています☆

踵部分からわずかに骨組みが覗いている個所がありますが。

イメージ 20


……見た目、ホンモノのワラっぽいものが見える。
コレ、本当にPP製ロープ??

あ、裏側の上側にもっと分かり易く表面化してたわ☆

イメージ 21


マジでワラっぽい☆
でも商品ページには 「PPロープ」 と書かれているし、
ワラっぽい色合いのPPロープなんでしょうね。
これなら見えても全然違和感無いわ☆
流石市販品だわ☆

そして結構ガッツリとボンドで接着されております。

イメージ 22


やっぱりこのくらいしないと、普段の使用には耐えないのかも……。
洗ってもOKなのか!? と一瞬心配になりましたが
商品ページには 「洗濯機で洗濯OK (ネット使用) 」 となっているのでまぁ大丈夫でしょう。
でも心配だから念の為手洗いします。


さて、肝心の履き心地の方は。

草履は多少小さめでもOK、とは聞くものの
26cmジャストは若干心配でしたが
履いてみるとピッタリ♪♪

イメージ 23


ちゃんと収まってま~す♪

イメージ 24


確かにもう少し長い方が安定して踵が乗っかる気がしますが、
あまり大きくても歩く時にパタパタしそうですし。
1サイズ上の28cmでは流石に可愛いデザインが無かったんですよね~。

まだちょっと鼻緒が (何故か左だけ) 痛いですが、履いているうちに馴染んでくるでしょうv


◆――と、いうワケで。


洗い替え用の2足目、早速ポチ☆
さようなら、初の自作布ぞうり。

良い経験をありがとう。


スリッパと共に、青き日の思い出としてとっておきます。

イメージ 25

完成したブサイクスリッパと、何事もチャレンジだ初布ぞうり!

◆パーツだけ編み上がっていた練習用スリッパ。

縁編みで甲部分と底部分をとじます。

イメージ 1


――どこに針入れりゃいーんじゃ。

レシピと睨めっこしてもどうにも分かりません。
底部分だけ1段&2目増やしてしまったばっかりに
甲と底の目が合わなくなり、余計に分かりにくくなってます;

しまいにゃ針が自然と出た所でいーや。なテキトーさで
強引にザクザク進みます。

イメージ 2


完成~~♪

イメージ 3


…………ナニこのいびつな物体。

どんなに縁をゆるめに編んでも、どうしても反り返ってしまう踵部分;

イメージ 4


履いた時に踵の曲線にフィットしてちょうど良いかも――

イメージ 5


――と思いきや、それ以前にぶっかぶか☆

編んでる当初は幅が足りないように見えて
最後に縁編みでますます幅が足りなくなるはずだから、と2目増やしたのに
編み上がってみたらどこでどう伸びたのか、足幅よりはるかに余裕があります。
何故~??

まぁ……
靴下着用で履く事も出来るし、小さいよりは大きい方が良いのかもしれませんが……
フィット感がね~。やっぱりもうちょっと欲しい。

ニットは伸びるし、こういうのはちょっと小さめくらいで良いのかも。
良い勉強になりました☆

せっかく編み上げたのに使えるかどうかビミョ~な出来で
何となくテンション下がり気味ですが
ま、初のスリッパとしては上出来な方、か??

(正面から見ればコロンとしてちょっとは可愛く見える?)
イメージ 6


(……てか、改めて見ると甲部分の模様、一箇所だけ長さがおかしい事に気付いた;)

ちなみに、縁編みで誤魔化せるかと思っていた踵部分の形の歪みは
目論み通りには隠れてくれませんでした。

イメージ 7



◆とりあえずスリッパは終了。
お次はキットを衝動買いしてしまった布ぞうり!

イメージ 8


昨夜、帰宅後早速おっ始めてしまいました☆
説明書によると 「制作時間90分」 らしいですから!
初でおたおたする事を考慮しても、上手くいけば寝る前には仕上がるかも?

吸盤と針金ハンガーで作る器具は、
S字フックと100均ワイヤーの余りで超即席にこんな感じ。

イメージ 9


ここに付属のロープを引っ掛けて、準備完了。

イメージ 10


このロープがぞうりの骨組みになります。

材料のニットは必要な長さにカットされており、
「きつく引っ張り丸めて」 から使うらしいのですが。

イメージ 11


びょ~~~~~ん☆ と伸びてくるんっ♪ と丸まるので楽しいです♪

で、これをロープに交互になるように編んでゆきます。

イメージ 12

(編み慣れている人が見たら一発で間違いに気付く画像。後述参照。)

……サラリと云ってますが、これが安定して出来るようになるまでそれはそれはそれは苦労しました;

説明書にも、幅が狭くならないように、きつく引っ張り過ぎないように、と重々注意されているのですが
本当に、かなり気を付けないとどうしても幅が狭くなってしまうのです。
ここで計3回くらいは全部ほどいて編み直して――を繰り返しました;

基本、ぞうりは踵をはみ出し気味に履く事も多いので長さが多少短くても問題は無く、
とにかく幅を確保する事に気を付けて、「ゆるめに」 編むのがポイントのようです。
編み物でも手がキツイ私には至難のワザでした……;
もっとぎゅぎゅ~~っと引き締めながら編みたい!!

更に、丸まった生地の裏部分が表に出ないようにしたいコダワリ屋の私は
折り返すたびに生地をひねって編むもんだから余計に時間が掛かる;

イメージ 13


途中で色替えて。
その後も何度も何度もほどいて編み直して――を繰り返し。

やっと最後まで編めた~♪

イメージ 14

(編み慣れている人が見たら一発で間違いに気付く画像。後述参照。)

――と思ったら何コレ超ちっちゃいじゃん!!!

イメージ 15


私のビックフットに完全に隠れちゃうじゃん!
何が24~27cmよダマされた!!

――と思ったら布まだ残ってるじゃ~~ん☆

イメージ 16


最後のネイビーだけ2本あった!
んも~それを早く云ってよ!!(※説明書に書いてあります。)

気を取り直して一旦ぞうりの形に引き締めてしまったロープを戻して
ほぼ終盤まで編んだところで突然、ずっと表裏逆に編んでいた事に気付き。

イメージ 17

こっちが表だった……!!!
ロープの結び目は裏側じゃなきゃいけないのにずっと表に見える向きで編んでた☆)


ここでまさかの全ほどき(涙)。


パニックの中、はじけ飛ぶ100均木製クリップ。

イメージ 18

(※本来は洗濯バサミ使用です。やはり洗濯バサミの方が良いです。)


この時点でとうに日付は変わっております。


そして地味に苦労した、鼻緒用の生地の表返し。

イメージ 19


既に端が縫われているのは嬉しいのですが、長さ110cm、幅2cmの筒状の布を
細い棒を駆使して表に返せ、との指令です。
サラリと云ってくれますが、どれだけ大変だか分かってらっしゃいますかタカギ繊維さん。
菜箸とゴム紐通しと紐と安全ピンを駆使してある意味ぞうり本体より苦労して返しました。

しかも厳密には筒状ではなく、片側が縫われているのです!!

イメージ 20

※縫ってある側から棒は入らないですよタカギ繊維さん!

コレ、縫われてる意味が最後まで分からなかった……
制作上、袋状である必要は全く無いんですよ☆
片側が閉じたままでは紐通しを通す事も出来ないので、
どのみち2本に切り分けて使う布ですし、表返しの前に切ってやったら
切ったところから縫い目がほつれてきちゃって返す事も出来なくなり、
「あぁそれで表に返してから切るように指示されてるのか」 と合点しながら針と糸で補強しましたが。

無駄に疲れた……;


◆そんなこんなで。
左右合わせて制作時間90分の布ぞうり、7時間ほど掛けて片っぽ完成~♪

イメージ 21


疲れた………
とてつもなく疲れた…………
編み物の方がずっとラク。

しかし、制作途中は何か全体的にユルユルだしこれは実用に耐える仕上がりは無理だな……
と、片方だけ編み終えたらお蔵入りさせる気満々で編んでいたのですが
いざ、仕上がってみたらなかなか良い仕上がり?v

幅も長さもほぼジャスト、履き心地もふかふかで良い感じv

イメージ 22


もう片っぽも、頑張って編んでみようかな、という気になってきましたv

あれだけ失敗をし尽せばもう、次は7時間も掛からないでしょうし。
せっかく買ったんですから、やっぱりちゃんと作って使いたいですしね☆

ただ、全体的にユルユルなのは確かなので、実際に使ったとして
例えば洗濯にちゃんと耐えられるんだろうか、とか不安はあります;

ちょっと布引っ張るだけで、骨組みのロープが見えちゃうし。

イメージ 23


いーのか、これは??;
布ぞうりってこういうモノ!??
(正しい布ぞうりを手に取った事が無いので分からない;)

布の端も、指示通りに編み地に通して処理しましたが
毛糸の編み物と違ってそれだけじゃほどけてきちゃう気がするし……;
結んだり縫い付けたりした方が良かったかも。


ちなみにこの布ぞうり、この部分の結び目を指で掴んで歩く事で筋力アップが図れるのが
ポイントらしいのですが。

イメージ 24


付けるの忘れてた!
と、指示通り付けてみましたが掴みにくいうえ
履く時に指が引っ掛かりがちなので結局取っちゃいました☆

イメージ 25


これ用の余った布は、どうしてもロープが見えてしまう部分に目隠しとして使わせていただきました☆


◆そして実は本日、市販の布ぞうりも1足、ポチしてしまいまして。
(洗い替えに最低もう1足は要るし、もう1足作る気力は流石に無いですし;)

市販のちゃんとした布ぞうりがどういう物なのか、
ちょっと引っ張っただけでロープが見えてしまうようなシロモノなのか、いろいろ比較したうえで
この自作布ぞうりが実用に耐えうるのかを判断したいと思います。
(その結果、結局お蔵入りの可能性もあるし、もう片方を作るのはその後にしようかな~?)

手ェ広げ過ぎ??

◆こんなものを……

イメージ 1


買ってしまいました……


巷で健康に良いと人気らしい 『布ぞうり』 を、自分で作れるキットでございます☆
タカギ繊維株式会社さんの商品です。
眩暈がするほど多くの種類があります。


夏用スリッパ、かぎ針で編もうと思って
素材はコットンが良いけど編みたいレシピをコットン糸に置き換えると結構な量が必要で
どーすべかな~と迷っているところへ偶然知った 『布ぞうり』 。
はぎれを使って作るエコぞうりで、市販品も売ってるけど自分で作る事も可能!
う~ん、どうせなら作ってみちゃう?
(市販品は色柄が指定できなかったり、組み合わせがビミョ~だったりするし;)

――って事で、作り方の動画を観て最初はひるんだけど意を決してポチしてしまいました☆


◆自分で作る場合、材料を調達するのが大変ですが (都合よく要らん布なんて無いし。)
キットならば必要な分が全て揃っていて、手軽に始められるのが良いですね♪

ただ残念なのは、気に入った色柄のキットは女性用サイズ (22~24cm) だった事……

せっかく作っても履けないんじゃ仕方ないので、泣く泣く男性用で比較的好みの色合いに近い物をチョイス。
(眩暈がするほど種類があっても結局選択肢は限られている……)

中身。
イメージ 2


作り方の説明書が2枚と。

イメージ 3


( 『やんわり』 というシリーズの中の4番目で最新バージョンらしく、
基本的な作り方は1~3と一緒なのでその説明書がメインなのですが
最初に 「ニット布を全て半分の長さにカット」 と書かれているところが4だけは違うそうで、
それに関する注意書きと、4独自のパーツについての説明書が2枚目の紙でした。
……その注意書き、もっと目立つように書いとかないと気付かず始めちゃう人居そう……。
私は眺めていてたまたま気付いたけど。)

実物大の型紙もセット。

イメージ 4


――――ん?
ここに気になる記述発見☆


イメージ 5


材料のニット買い足せば大きいサイズも作れたんか…………(凹)

ならこんな無理やりチョイスのちょっぴりビミョ~な色合いじゃなく
一番欲しかった色合いのやつでも良かったんか!!

イメージ 6


それ早く云って――――!!

……しかし、別売の 『やんわりニット』 やらを検索してみたら
公式サイト内ですらノーヒットでした。
もうお取り扱いが無いのかもしれない……
ちょっと救いv


材料となる布の他、ぞうりの骨組みとなるロープと、
一見場違いな吸盤も付属しております。

イメージ 7


こーやって、針金ハンガーを引っ掛けて固定するのに使うようです。

イメージ 8


……そう、針金ハンガーが必要だという事実を購入前に動画で知りました。

しかし我が家には針金ハンガーがありません。
100均で5本1組とかで売っていますが、ひん曲げる目的でわざわざ買うのもどうかと。
残りは普通に使えると云ってもどうせ使うなら100均でももっとオシャレなハンガーが良いです。

というワケで、昔100均で買って工作に使ったこのワイヤーの余り
針金ハンガー代わりに使ってやろうと目論んでおります。

イメージ 9


…………工夫次第で何とか出来るハズだ☆

別に針金ハンガーじゃなくたって、ロープが固定出来れば何でも良いんですがね。
布ぞうりを手作りする人達は、それ専用の器具を持ってますし。
自作したって良いんですよ。
針金ハンガーが一番お手軽だって事で紹介されてるだけで。

とりあえず私は今回1回切りの予定ですので、ワイヤー駆使してやってみようと思います☆
(もし上手くいったら、自分で材料調達して2足目の作成もアリかもですが。)


◆ところで、パーツごとにアイロン掛けてからとじ合わせようと思ってた
このスリッパですが。

イメージ 10


アイロンの掛け方調べてて、知りました。


「アクリルはアイロン掛けしない方が良い。」


――――そうか!!
溶けちゃうもんな!!
せっかく編んだパーツを溶かしちゃう前に気付いて良かった!!


どーしても掛けたい場合は、スチームだけにするとかあて布使って軽~く当てるとか方法はあるようですが。
迷ったら商品のラベル表示を確認しましょう。

『ハマナカ ボニー』 のラベル表示は。

イメージ 11


「あて布使用」 。

う~~む。
とりあえずあて布すれば大丈夫そうですが…………
どーしても形整えたい! ってワケじゃないし、もうこのままとじ合わせちゃおっかな~。


あっちにもこっちにも手を出して、本当に全部完成するのか。
「1つ編み終わるまで次には手を出さない」 Myルールは完全に崩壊しております。
プロフィール

Seiko

Author:Seiko
精神的ヒキコモリ。
積極的に他者と繋がりたくはないが世の中とはうっすら繋がっていたい。
過去のイラスト作品置き場
『鍵穴のない部屋』

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR