和花コンプリート♪

◆今週のつまみ細工、 『都わすれ』
和花シリーズ全12種、最後の1つ。

イメージ 1


承久の乱に敗れた順徳帝の説話から来た名前らしいです。
ちなみに 「都わすれ」 で検索すると温泉宿ばかりヒットしますので 「都忘れ」 で検索しましょう。

一昨日、献血から帰宅後まだ雪難ショックを引きずったまま生地切り始めて
ブツブツ云いながらつまんでたらあっという間に完成してしまいました。

イメージ 2


何だ……
最後の和花はえらく簡単だったな。
スチロールボールも使わず、花びらの重ね付けも無く。
ただぐるりとまぁるく貼り付けただけ。
重ねた花びらの先端が合ってないとか厳しく見れば甘い部分もありますが;
←でもそれは見本写真も同じだしね!)

あまりに簡単に出来てしまってつまんないので、ちょいとひと手間加えてみる事に。
経験者の余裕が出てきましたね?

「小」 の方、いつも白い台紙の上に花びら貼り付けて
その裏からちりめんで覆った丸い台紙を重ね貼りするのですが
最初の白い台紙がどうしても花びらのスキマから見えてしまうのですよ。

イメージ 3


実はコレがず――っと気になっておりました。
レシピではそーなってるしこういうもんなのかな、と自分を胡麻化しつつ。

今回、12個目にしてアレンジに挑戦。
余った生地を小さくカットして、スキマに詰めてみます☆

イメージ 4


おぉ、キレイに隠れた♪

そして 「大」 の方も。

イメージ 5


レシピ通り、台紙のガイド線に沿って中央空けて花びら貼り付けてったら
どう考えても花芯の金具よりスキマの方が大きいよ~☆

(仮置き。)
イメージ 6


もっと花びら詰め気味に貼るべきだったの?
今更遅いわー。
スキマ埋め!!

イメージ 7


これでキレイに花芯のビーズが貼れました♪

イメージ 8


(完全に乾いた翌朝改めて見たらちょっと中心からズレてたけど気ニシナイ☆)


◆というワケで和花シリーズ全12種!
コンプリートです!!

イメージ 9


作った順番にご紹介しましょう☆

1.福寿草。
イメージ 10


2.寒紅梅。
イメージ 11


3.八重椿。
イメージ 12


4.水仙。
イメージ 13


5.小菊。
イメージ 14


6.睡蓮。
イメージ 15


7.おだまき。
イメージ 16


8.百日草。
イメージ 17


9.花かんざし。
イメージ 18


10.雪割草。
イメージ 19


11.紫陽花。
イメージ 20


12.都わすれ。
イメージ 21


いやぁ~達成感♪♪


それにしても、平らなタイプとスチロールボールを使った立体タイプで
ボリュームに差が出てしまうのは致し方ないとしても。

イメージ 22


同じ 「大」 の平らなタイプで
ここまで大きさが違うってゆーのは…………

イメージ 23


最初の2つが特に小さいんですよねぇ。
本当はもっと大きいのに、不慣れ故に小さくなってしまったのか??


箱にわっさり☆
イメージ 24

(※ 『初めてトライコース』 のお花も2つ混ざってます。)

「大」 の方は裏にクリップと安全ピンが付いていて
髪や帽子に留めたり服やバッグに付けたりいろいろ出来ますが、
「小」 の方は裏に何も付いてないので好きにアレンジが可能。
とりあえずピンブローチのパーツをどっさり購入済みなので
ピンブローチにするのが一番使い勝手良いかな~。
ま、それはそのうち。


そしてこの後いよいよ 『ビギナー卒業コース』 世界の花13種が待っていますが
とりあえず和花シリーズが当初の宣言通り1月中に終わった事ですし
早急に片付けねばならない事が山積みですので
つまみ細工はここで一旦ひと区切りとします。

完全に勘を忘れてしまわないよう、数ヶ月に1個くらいのペースでは作っていきたいですがね~。
まぁ、ゆる~~りといきますよ。
(本来のキットのペースである 「月イチ」 で作っていくのが一番理想ですがね。)


◆そしてダイソーで買った 『ナンプレDX』
ついに残すところあと1問、コンプリート間近でございます。

イメージ 25


ここに書かれてる目標タイムが20分、って事は小分けにやって3日は掛かるな☆

上級編の解き方もだいぶ身に付いてきまして。
「これ以上は当てずっぽうで入れていかないと進まない! 本当にこの問題合ってるの!??」
と暴言吐きつつ確実に合っているところまではボールペンで清書して
その続きからは鉛筆でとりあえず書き入れていって行き詰ったら消してやり直し、
――という邪道な方法でクリアした問題が2問ほどありましたが
あれも今ならもうひと頑張りしてちゃんと解けた気がします。
疑ってゴメンナサイ; 大創出版さん。

こちらもとりあえず3日以内にコンプ目指して、ゆる~りと。
スポンサーサイト



成長っぷりを見せつけるはずが……

◆先週は木曜だけで一気に完成しちゃったつまみ細工
今週は木曜全く手付かず。
金曜の朝から開始して果たして1日で終わるのか。

やってやろーじゃないですか、
どれ、今回のお題は――


イメージ 1


季節外れの 『紫陽花』


イメージ 2


半球体にお花がイッパイ。
(軽くメマイ)

――コレはアレだ。
懐かしい記憶が呼び起こされます。
今回の初心者コースよりもっと前、本当に一番最初に練習用として始めた
『はじめてさんのきほんのきコース』 で作った
この失敗作と同じ形状!!

イメージ 3


……一見それなりに作れてるように見えますが、
1つ1つの花びらがちゃんと開いてなくて
スキマ空きまくりになってしまって
土台の紫色がモロ見えちゃってるんです;

イメージ 4


何か貧相な紫陽花みたい……;


◆数年の時を経て、リベンジのチャンスですね!
今度こそちゃんと花開いた紫陽花を作ろう☆

まずは一番めんどくさい生地カット。

イメージ 5


いつもの調子でケチケチ測り、こんだけ余らせる事に成功♪

イメージ 6


スチロールボールを半分にカットするのももうお手のもの♪

イメージ 7


――などと浮かれていたらこの後予期せぬ落とし穴が。

このスチロール半球を包み込む生地をいつも通り 「ちょっと小さめでも大丈夫☆」 と
ひと回り小さめで切り出したら、今回はだいぶ足りなかった!!!;

イメージ 8


伸ばせば大丈夫! とぐいぐい引っ張る努力も空しく、
接着剤によってちりめんはみるみる縮む一方。
曲面側から染み出してきた接着剤によってベタベタになった手に
辛うじて抑えた生地がくっ付いてきて剥がれてしまい、イライラMAX。
強引に裏面を覆う台紙を貼り付け、ヘラでぐいぐい生地を押し込む作戦に出るも
台紙はどんどんフニャフニャになり、いつ剥がれてもおかしくない状態に。

誤魔化し、断念。

改めて生地を切り出し直しました…………

結果的に残った生地。
イメージ 9


ケチり過ぎると却ってソンします、という教訓。


さて、大きめに切った生地で改めてスチロール半球包み直し!
今度は余裕余裕♪

イメージ 10


……ちょっと生地大き過ぎたか;
でも裏面に集まる生地は多い方が、底面膨らんで
後で金具くっ付ける時に隙間無くなるしね♪

台紙もフニャフニャになっちゃったやつは捨てて
改めて切り出し直しました;

イメージ 11


金具にくっ付けて、土台完成~♪

イメージ 12


イメージ 13


…………若干スキマが空いてるのは生地を裏面へ集め過ぎたのか、
はたまたいじり過ぎでスチロール半球までもが縮んでしまったのか。
どうせスチロールボールは余ってるし、いっそそれも替えた方が良かったのか……;
今となっては後の祭り。


◆気を取り直して、本作業といきましょう!
計36枚の花びらは最初に全部つまんでしまい、後は一気に組み立てるだけに。

シンプルな 「小」 が今回は2つ。

イメージ 14


半球の中心に目印のマチ針刺すのももう慣れたもんさ♪
バランス見ながら最初の4枚貼付け完了☆


――――マチ針刺しの実力を問われるのはむしろここからじゃった。


イメージ 15


何じゃこりゃ。

サラっととんでもない事が書いてある――!!
コレ、お届けの順番次第で一番最初に来ちゃった人、出来るのか!??
それとも半球系で紫陽花は最初に来ないようになってるのか??
(ちなみに 『きほんのきコース』 の時はマチ針無しでやりました。)

やってやろ―――☆

イメージ 16


どーだ!!
(前々から気付いてたけどつまみ細工に使用するマチ針は短めの方が良いですね。)

ここへ花びら貼付け!!

イメージ 17


(……別に1箇所貼り付けるごとにマチ針は抜いても良かったんだ;)


◆気合いで貼り付けてるうちに気付けば完成!

イメージ 18


和花シリーズ第11弾、 『紫陽花』 でございますv

イメージ 19


今回、花と花の間にスキマは空いてないですが、
逆に詰まり過ぎちゃってちょ――っと隣とケンカしちゃってる部分が;

イメージ 20


まぁ良いか……


『はじめてさんのきほんのきコース』 から 『初めてトライコース』 までの、成長の軌跡。

イメージ 21


…………違いがよく分からん…………;

さぁ、和花シリーズも残すところあと1個!
当初掲げた (無謀とも思えた) 予定通り、何とか1月中に終われそーですね♪

今年のつまみ細工第1作☆

◆元日、この状態だったつまみ細工。

イメージ 1


和花シリーズ12種中9種目、 『花かんざし』 でございます☆

イメージ 2


元日の時点でもう 「小」 まで出来ちゃってるのに 「大」 は全然手付かず;
金曜の夜から慌てて作り出します☆

白い土台に白いマチ針、白い花びらv

イメージ 3


Oh~白い十字架~v

イメージ 4


――とか浮かれてる場合じゃありませんでしたよ
ふと真横から見たらナニこのアシンメトリー!!??

イメージ 5


高さ全然違うじゃん!!;
シマッタ、真上から見た美しさにばかりこだわり過ぎた☆
そもそも目印のマチ針がちゃんと中心になってなかったんだわ!
(←コレ難しいのよ~; 自分で方眼当てながら目分量で中心決めて刺すだけだからさ~。)

せっかくキレイに8枚貼り付けたけど……
引っぺがせ~~~★

そして今度こそ中心に針刺して、慎重に貼り付け。

イメージ 6


土台の端から花びらの端までの長さをキチキチ測りながら。

イメージ 7


全体のバランス見ながら。

イメージ 8


よし、よし。

上からも美しい。
ホレボレv

イメージ 9


徐々に花びらが増えてゆきます。

イメージ 10


今回、花びらの一部が緑色というちょっと変わったデザイン。

イメージ 11


葉っぱ代わりなのかしら??

更に1段。
イメージ 12


そして一番外側の花びらだけが丸つまみ。

イメージ 13


剣つまみでトゲトゲしてた輪郭が一気に落ち着きました♪
本当、色合いがシンプルな分、デザインに遊び心のある1作ですねv


この中心に接着剤でビーズくっ付けて~。

イメージ 14

(これがまた難しいのよね……!! ビーズの穴見えないようにしなきゃだし。)

ここまで何とか寝る前に済ませて。
ひと晩乾かして出来上がり~♪


◆朝から出来たてホヤホヤ花かんざしを手の平に乗せてニヤニヤしてたら。

イメージ 15


…………何か見える…………
スキマが!!!

イメージ 16


見てはいけない物を見た。
これは見なかった事にしよう。
仕方ないんですよ☆
こんだけの枚数の花びらを何の印も無い真っ白な土台に貼り付けてゆくんですから
どーしたってどんなに測りながら慎重に貼っていったってスキマは空いてしまうんですよ☆

…………そうやってこの花を手に取るたび云い訳を繰り返すのですか。
何ヶ月も経ってしまったらもう決してやり直す事は出来ないけれど
今ならまだ間に合いますよ。きっと剥がれますよ。

ベリベリベリっとな~~★



イメージ 17


ちょっとはマシになりましたよ………
出勤前に予定外のドタバタ;


◆改めまして、 『花かんざし』 大&小、完成でございます♪♪

イメージ 18


やっぱスチロール半球使うお花は (作るの大変だけど;) ボリューミィで豪華で良いですねぇv

イメージ 19


…………実はこの 『花かんざし』 、購入前に一覧表で見た時
色合い的にも一番地味だし
もし届く順番コレが一番最後だったらコレの直前でストップしちゃおうかな、
なんて考えていた一番興味の無い花でした。

でもこうして出来上がってみると、これはこれで素敵v
白、っていうのも他には無い清楚さとシンプルさで逆に使えるかも♪
作って良かった! と今では思います。
(1種だけ欠けちゃうのも何か気持ち悪いですしね。)


ところで 「小」 の方はやたら平べったくなってしまったのですがこれで正解なのでしょうか。

イメージ 20


レシピ通りに花びら5mmカットしたらこうなったんですけど~。
3mmくらいで良かったんちゃいますかね~。

1段目なんて緑一色のお花でしたよ☆

イメージ 21


一体何が出来るんだ!?? って感じですね(笑)。


さ~、残り3種。
当初の目標通り、今月中に完成なるか!??


◆オマケ。
本日は1月7日。人日の節句。

イメージ 22


今朝は七草粥を頂きますv
(偶然だけど七草って 『花かんざし』 の色合いと似てるわ~☆)

――実は我が家で 「朝」 に頂くのは初めてです;
本来、七草粥は1月7日の 「朝」 に食べるものだというのは分かっていたのですが
朝になかなか家族全員が揃わない事もあり。
しかし今日は日曜で皆居ますし、夜は炭水化物食べない派の私もその方が気兼ねなく食べられるので
今年は風習にのっとる事にしました☆

七草粥食べて、今年も元気な1年に!

こだわりの結晶。

◆つまみ細工 『百日草』 、後半戦です!

1日目に無地花びらを全てつまみ終え、2日目の昨日は柄ちりめん!
なるべくキレイな色が出るように、こだわって切り出した柄ちりめん!

これがまた、折り方によって柄の出方が変わってきちゃうもんだから迷う迷う。

こうか、
イメージ 1


こう。
イメージ 2


こうか、
イメージ 3


こう。
イメージ 4


何色を特に見せたいか、考えながら何とかつまみ終えた柄ちりめん18枚。

イメージ 5


これらを更に色を見て、 「大」 に使う分と 「小」 に使う分とに分けました☆
「大」 の方に薄緑とか黄色とか淡い色を持ってきてオレンジとのコントラストを出したいので、
「小」 の方はオレンジに近い赤系中心で。

…………こんなスキマだらけで大丈夫なの??
と心配になりましたが。

イメージ 6


オレンジの花びらを4枚乗せたら、気にならなくなりました♪

イメージ 7


こんな感じで 「小」 の方、完成!


◆そして 「大」 です☆
土台から大変です☆

スチロールボール、半分にカットしたものの雑過ぎて中心がちょっとボロボロに欠けちゃって;

イメージ 8


後々アクセサリーパーツに貼り付ける際に、ここが凹んでたら上手くくっ付かないんじゃ?
と不安になり、ゴミ箱から引っ張り出したのは昨日生地カットした際に出たちりめんくず。

イメージ 9


これをちまちま折り畳んで、貼り付けて。

イメージ 10


例の海苔巻き卵焼き風生地で上から覆って。

イメージ 11

(無駄にならずに済んだ!)

わずかな出っ張りを作る事に成功♪

イメージ 12


これを接着剤塗った大きめの生地でパパっと手早くくるんで。

イメージ 13

(※スピードが勝負です。接着剤塗った生地は縮んでしまうので☆)

「大」 の土台完成!

イメージ 14

(まだちりめんのスキマから接着剤が滲み出しております。キモッ;)

これをこーやって、アクセサリーパーツに貼り付けます。

イメージ 15


このパーツの皿部分が少し窪んでますからね。
土台の部分はむしろ少し出っ張ってるくらいじゃないと上手くくっ付かないと思うのです。
(大きめちりめんで覆った後、底部分に生地が集まるので
通常はそれで上手い具合に出っ張るのだと思いますが。)

ああ……
以前にもこーやって、クジラ~♪ とかって遊んでた記憶があります。

イメージ 16


このタイプの土台はガイド線が無いので、まち針で中心の目安を決めねばなりません。
これに合わせて、均等に花びらを貼ってゆく……

イメージ 17


難しい~~~★

頭に花咲いたクジラ。
イメージ 18


2段目の花びらがまた、他の花びらと高さを合わせつつ……

イメージ 19


難しい~~~★

しかしひるんでいてはいつまで経っても終わらない。
何せ 「大」 は花びら計30枚!
うんざりするほどの花びらの山の中から、1枚、1枚、地道にコツコツ……


…………ん。



イメージ 20


何だこのちっこいのは。

他と比較。
イメージ 21


・・・・・・・・・・・・・・???

はた☆


イメージ 22


近くに置いてあったウェットティッシュのせいだぁぁ~~~☆
(すぐに乾いてしまったので水で濡らして再利用してた)

ちりめんは接着剤付けると縮むけど、水に濡れても縮むのよ!!(涙)
また余り生地から1枚分切り出さにゃ~☆


そんな事もありつつ。

イメージ 23


何とか 「大」 の方も完成しました!!
(最後のビーズ3つ、乾き掛けたところでよく見たら穴が見えちゃってる事に気付いて剥がしてやり直し、
今度こそはと思ったら裏の金具を水平にした際に逆三角形に並ぶようにしたかったのにズレてる事に気付いて
再度やり直し……
結果的に接着剤モリモリになっちゃいました;)

柄ちりめん花びらの配置は、1段目はこの色、2段目はこの色……と
配色まで細かくこだわって貼り付けました♪

イメージ 24

(接着剤、無事透明になってくれて良かったv)


◆和花シリーズ第8弾、 『百日草』 完成♪♪

イメージ 25


ここまでで出来上がった和花たちをテキトーに組み合わせて、来週は年賀状作りにいそしみたいと思います☆
(や……何となく使えそうだな、って思ってるだけで、構想もナニも無いんですけどね;
どうにも上手く活用できなさそーだったら普通に絵描いて済ませるかも;)

こだわりと進歩。

◆年賀状の素材として使う為、あと1個だけ作っておきたいつまみ細工。

イメージ 1


最後の1個は、 『百日草』 です!

イメージ 2


おおぉ・・・・・
これはまた、花びら多くて手強そうですね。
最後にラスボス来た、って感じですね。
(※和花シリーズはあと4つ残ってますがね。)

あぁ・・・
例のコレですか。

イメージ 3


スチロールボール自分で半分にカットして土台にする、アレね。
立体で難しいけど、出来上がったお花はゴ~ジャス♪ なんですよね~。

イメージ 4

(初心者コースで既にこんだけ作ってたんだよな……
青い方、お気に入り過ぎて使えない☆)

ちなみにこの時うっかり潰してしまったスチロールボール
今もとってあったりします(笑)。

イメージ 5


片側だけならともかく、上も下も潰れちゃってどうしようもなくなっちゃったのよね~; (なら捨てたら良いのに)
1回に使うのが半分だけだったので、別の回の分を使い回す事が出来て助かりました♪

あと4つ残っている和花シリーズも、うち2つはスチロールボール使用のようです。
ボールカットの腕前も上がりますな♪
(それ以前にうっかり落として机の脚で踏んづけて潰さないように気を付けねばですな;)
さっき撮影中、この潰れたボールと綺麗なボールを2個とも落として
あろうことか綺麗な方だけが行方不明になって焦りました;
数分後、無事に見つかりました~♪ やれやれ。


◆さて。
昨日は始めた時間が遅くなってしまいましたが、何としても1日目に 「小」 だけは仕上げたいところ。

つまみ始めたら早いですが、一番面倒なのは何を隠そう生地のカット。


――――――――げ。

イメージ 6


同じ大きさの花びらが 計 4 2 枚 ☆


(遠い目。)


花びらがうんざりするほどあるから接着剤も今回は2個なのね~☆

イメージ 7


――ふふん。
同じサイズならサクサク切れるさ♪
ロータリーカッターでサクサク~っとな♪

イメージ 8


……焦り過ぎたか、ところどころ失敗して規定サイズより小さくなってしまい、
切り直しの分生地ムダにしちゃいましたが(涙)。
(どうせつまんだ後端をカットするので多少足りてなくても良いのですが、
そもそも最初のサイズが合ってないとつまんだ形が均一にならない恐れが出てきますからね。
回を重ねるごとにこだわりも増してゆきます☆)


◆これが柄物になると、別の難しさも。

イメージ 9


カットするのが勿体なくなるくらい、芸術的な柄ちりめんv

これも端から詰め詰めでカットしていけば、相当量の生地が余る計算でした。
しかーし。
端から順番にカットしてゆくと、花びら1枚1枚のサイズが小さいだけに
中にはこんな生地も出現☆

イメージ 10


…………コレ…………
絶対キレイな花びらにならないよね。
柄物はどの部分の柄が表に出るか分からない、偶然に任せる面白さがありますが
これはどうつまんでみてもさながら海苔巻き卵焼き。

イメージ 11


出来ればオレンジの無地と好対照の、緑の部分がキレイに出てるやつが多いといいんだよな~。
そんなこだわりが生まれ。

えぇい。
どうせ余らしておいたって使うかどうかも分からない☆
ならばこのお花の為に、一番いいトコ使っちゃおう!

初めて生地の余り具合を考慮せず柄優先で切り出しました☆

イメージ 12


ふっ・・・・
私もまた1歩、成長したという事か。
(でも中央の一番キレイな色合いのトコは何気に残してある/笑)


◆そんなこんなで何とか切り出し終えた花びら42枚&その他土台の分。

イメージ 13


この時点でもう、7日は終わりに近付いております。
何とか 「小」 の分だけでもつまんで貼り付けて完成させるか……!?
「小」 だけならつまむ花びらは12枚!
ギリギリいけるかもしれない☆

―――んが。
どの柄ちりめんを大小どちらの花に振り分けるか、を色バランス見ながら慎重に考えたいと思い、
柄ちりめんの柄の出方はつまんでみなければ分からないので
42枚全ての花びらを全部つまんでしまってから振り分ける事にしました☆


という訳で7日の目標、変更。
とにかく少しでも多くの花びらをつまむ!!

つまみ出したら早いんですよつまみ細工は。
折り折り、キュッキュッ。
指先にどんどん接着剤付くけど、ウェットティッシュわざわざ出しちゃうのは勿体ないし
どうせあと数分だから。
とか云いつつもうちょっと。もうちょっと。
えぇいどうせなら無地花びら全部つまんじゃえ!!


イメージ 14


渾身の力を振り絞って24枚つまみ終えて寝落ちしました。

指先こんなんなる前に潔くウェットティッシュ出すべきだった……!

イメージ 15


べとべとの指でつまんだって綺麗に出来ないべさ~。
余計手間取った気がする;

終わりなきオレンジ地獄の影響か、今朝目覚めたら
「あと何日仕事行ったら休みだっけ??」 と本気で考えてしまうほど精神が混乱をきたしていました。


◆さて。
今日は一気に 「大」& 「小」 両完成まで突っ走りますよ!!!

(本日の目標。
「ウェットティッシュをケチらない。」
プロフィール

Seiko

Author:Seiko
精神的ヒキコモリ。
積極的に他者と繋がりたくはないが世の中とはうっすら繋がっていたい。
過去のイラスト作品置き場
『鍵穴のない部屋』

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR